一般社団法人カナンウォーク| 活用事例・導入実績|eラーニング(イーラーニング)のプロシーズ

活用事例・導入実績

一般社団法人カナンウォーク

LMS利用

課題と施策

一般社団法人カナンウォーク様は、「健康は最大の利他である」という理念を掲げ、「健康経営」における実践的な研修を主に行っている研修会社様です。
日頃、デスクワークを中心とした仕事から製造業等の現場作業まで、様々な企業様からお仕事の依頼を受け、メンタルヘルス、特定保健指導対象者向けのダイエット、肩こり腰痛対策、転倒予防、女性の健康など様々な課題についての座学及び、その改善策の一つとして身体に余計な負担をかけない姿勢や歩き方を提案、直接レクチャーし、企業全体における健康づくりの支援を行っていらっしゃいます。

コロナウイルスの影響で複数人を1箇所に集めての集合研修が難しくなったことから、研修のeラーニング化をご検討され、LearningWareをご導入いただきました。

対面でのインタビューができない現状もあり、今回は代表の伊藤様にリモートでお話を伺いました。

学習管理システム(LMS)教材作成オリジナル教材提供
ご利用ご利用無ご利用無
集合研修からオンライン研修への転換

プロシーズ側(以下P) ── eラーニングを始めようと思われた理由は何だったのでしょうか。

カナンウォーク様側(以下C) 大きなきっかけはやはり新型コロナウィルスの影響ですね。

元々は何十人という方々を対象に、メンタルヘルス等についての座学研修及び、姿勢改善や歩き方を変えることで生理機能にどう影響するのかを実際に体感いただくような集合研修を行っていたのですが、それらを対面で行うのが難しい状況になってしまいました。

緊急事態宣言が出たとたんにご依頼がすべてキャンセルとなり、この状況が継続していくのか収束するのかどうなるか予測がつきませんでした。これに加えて元々研修のeラーニング化を検討していたこともあり、比較するのも大変なほどたくさんのサービスの中からプロシーズさんを選び、問い合わせをさせていただきました。

社員・従業員が簡単に扱えるシステム

P ── LMS(学習管理システム)導入の際に重視された点はどんなことでしょうか。

C 一番重視した点は使いやすさですね。
我々もシステムに詳しい訳ではなく、初心者なので実際に利用する受講者様、社員や従業員が説明やマニュアルがなくても簡単に扱えるという点を重視してシステムを探しました。

もう一つは「できるだけ双方向性を保つことができる」という点を重視しました。
eラーニングをただ受講して終わりというものではなく、何かコミュニケーションができるようなものを提供したいと思っていました。そこで、LearningWareの「トークボード機能」を資料で拝見し、有効活用して提供できるのではないかと思いました。

P ── そんな中でプロシーズのLMSを選定いただいたのはどういった点が決め手になったのですか。

C 先ほどの「使いやすさ」「双方向性を保つことができる」の2点です。特に、デモサイトにて実際に体験利用をさせていただき、とても使いやすかったことが大きいです。
画面上で受講者が興味を持っていただけるような見やすさ、デザイン、画面遷移になっていると感じました。

あとは担当プランナーの親切なご対応ですね。
質問をさせていただいたことに迅速にご対応くださり、非常に助かりました。

P ── 今後、プロシーズに期待するところはございますか。

C 自動メール設定がとても便利で活用していますが、過去に作成した自動メール設定を引用できると、より手間なくスピーディーに設定ができると思いました。

また、各企業がコロナウイルスの影響で経費削減の状況だと思いますので、例えば利用できる機能を絞った、標準より少し安いプランなどがあればより多くのお客様にも導入いただけるのではないかと思います。

P ── ありがとうございました。

お問い合わせ

[導入お申込み・ご相談窓口]受付時間 9:00~18:00(平日)
東京03-6400-0507
大阪06-6190-6276

検討中のお客様へ

サービスに関する料金やご利用方法のご相談など、専門のスタッフがご対応いたします。
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。

活用事例・導入実績

受講者ログイン

ログインID
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

2019年10月以前にお申し込みの方はこちら