「世界標準規格」に対応したeラーニング教材制作

eラーニング教材制作サービスの特長

「世界標準規格」に対応したeラーニング教材制作

eラーニングにおける品質と信頼の証し、SCORM規格

eラーニングにおける品質と信頼の証し、SCORM規格 SCORM(Sharable Content Object Reference Model/スコーム)とは、アメリカの標準化団体であるADL(Advanced Distributed Learning Initiative)が策定したeラーニングに関する世界標準規格。品質と信頼の証しとなっており、プロシーズではSCORM規格に対応したeラーニング教材作成を行っています。

eラーニング教材の流通を加速させる「相互運用性」

SCORMの最大のメリットは、相互運用性です。eラーニングでは、テストの点数や学習の進捗情報など、多くの履歴がeラーニング教材からeラーニングシステムに対して送信されています。そのとき、送信される情報の形式が異なると、eラーニング教材とシステムの間でスムーズなやり取りが行えません。この問題を解決するため、統一の規格として定められたのがSCORMです。SCORMに対応していればeラーニング教材はどのLMS(学習管理システム)にも搭載することが可能になり、より広くeラーニング教材を流通させることが可能になります。
プロシーズには、SCORMアセッサ認定のディレクターが在籍しています。そのため、SCORM規格に対応したeラーニング教材を作成することができます。
※SCORMアセッサとは:SCORM規格を習得していることが認められた有資格者のことで、日本イーラーニングコンソーシアム(eLC)が認定を行っています。

サービスに関する料金やご利用方法のご相談など、専門のスタッフがご対応させていただきます。
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。

eラーニング教材制作

ページのTOPへもどる