ライブ配信|学習管理システム(LMS)からオリジナル教材制作まで

eラーニングシステム(LMS)の機能

ライブ配信

配信対象者を管理者が指定できる

ライブ機能はLMSと連動しているので、どのライブ講義に誰が出席したか、欠席したのか等を、管理画面上で簡単に把握することができます。出席者・欠席者への連絡もLMS上から行うことも可能です。

【ポイント】

  • 講師(ライブ配信者)の画面共有が可能
  • チャット上で受講者同士がコミュニケーション
  • スマートフォン、タブレットでも参加可能

ライブ配信の特長はこちら
Zoom連携機能はこちら

特長的な機能

ライブ参加予約受付

管理者画面上で、講師は配信対象者に対する参加予約受付の有無を設定することができます。予約有で設定した場合、配信対象者は受付時間内に出欠申請を行うことができます。

ステータスで検索可能

ライブ配信前の参加予約の受付状況から、配信後の出席状況まで、ステータスで抽出し検索することができます。
抽出した対象者をCSVでダウンロードすることも可能です。

対象者に一斉メール送信とお知らせを通知

ステータスで抽出したライブ配信対象者に対して、ユーザー情報に登録されているメールアドレスに一斉メールを送信、またはユーザー画面上にお知らせを通知することもできます。

今後実装予定の機能

録画機能

講師がライブ配信の初めに録画ボタンを押すだけで録画ができるようになります。リアルタイムで参加できなかった受講者はもちろん、参加した受講者の復習にも役立ちます。

ライブアンケート機能

講師が配信中にアンケートを取り、集計できるようになります。参加者の意見をリアルタイムで集め、配信内容に反映できます。

お問い合わせ

[導入お申込み・ご相談窓口]受付時間 9:00~18:00(平日)
東京03-6400-0507
大阪06-6190-6276

検討中のお客様へ

サービスに関する料金やご利用方法のご相談など、専門のスタッフがご対応いたします。
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。

eラーニングシステム(LMS)

受講者ログイン

ログインID
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

2019年10月以前にお申し込みの方はこちら