アプリ・スマートフォン・タブレット対応について|学習管理システム(LMS)からeラーニング教材制作まで

eラーニングシステム(LMS)の特長

アプリ・スマートフォン・タブレット端末に対応

ほぼすべての機能がアプリ・スマートフォン・携帯対応。
いつでもどこでもリアルタイムにプッシュ通知。
研修の予約・確認、コミュニティでの意見交換、テストの受験など、いつでもどこからでも、PCと同様の機能が利用できます。

iPadなどのタブレットやスマートフォンなど情報端末は、学生はもちろんビジネスマンにとって、必須の学習デバイスになっています。
プロシーズの『Learning Ware』は、ほぼすべての機能がアプリ・スマートフォン・タブレット対応。
スマートデバイスの「リアルタイム性」「携帯性」「パーソナル性」を最大限に活かしたアプリケーションの支援で、ビジネスマン1人1人の知識やノウハウを企業全体、あるいは特定の部門で流通させ、個人の知識を全体の知として生き返らせ、発展させています。

アプリは起動してすぐにお知らせ閲覧や受講が可能。
ログインする手間の軽減はもちろん、プッシュ通知をすることで、受講者が通知を見落としにくくなり、お知らせなどの開封率・返信率・受講率アップに繋がります。

LMS端末別のイメージ

◇電車で移動中の営業マンが、スマートフォン・タブレットから研修の参加を予約する。
◇明日の集合研修の事前知識学習をスマートフォンで行う。
◇店舗勤務の販売員が休み時間にスマートフォン・タブレットを使ってコミュニティに参加し、学習のアドバイスをもらう。

そんな、「いつでも、どこでも」を実現します。
アプリ・スマートフォン・タブレット対応の『Learning Ware』は、PCと同じ機能が利用可能。各種のお知らせメール・プッシュ通知だけでなく、テストを受けることも可能です。スマートデバイス用教材も利用でき、「PCは得意じゃない」「PCよりスマートフォン・タブレットをよく使う」といった層にも確実にアプローチできます。
※eラーニング教材や機能によってはスマートデバイス・アプリで利用できないものもあります。

タブレット・スマートフォン向けの教材作成も可能です

サービスに関する料金やご利用方法のご相談など、専門のスタッフがご対応させていただきます。
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。

eラーニングシステム(LMS)

受講者ログイン

ログインID
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

2019年10月以前にお申し込みの方はこちら