ビジネス英文Eメール講座|eラーニング(イーラーニング)のプロシーズ

ビジネス英文Eメール講座

あなたは自信を持って英語でビジネスメールが書けますか?

ベストセラー『絶対に使える英文eメール作成術』(角川SSC新書)の著者:大島さくら子先生による映像学習教材が遂に登場。ビジネス現場で的確に意思とニュアンスを伝えるメール表現法を伝授いたします。

英語が話せてもビジネスメールとなると自信がない、というのは多くのビジネスパーソンが感じることです。自分が伝えたいことをメールで正確に相手に知らせるためには、英語表現のニュアンスを知り、的確な言い回しで文章を作成しなければなりません。本講座では、ビジネスの様々な場面でよくある事象を取り上げつつ、各状況でどういう表現を使うことがふさわしいのかを豊富な文例とともに丁寧に解説してまいります。英文eメールライティングへの自信を高め、仕事の質を向上させたいビジネスパーソンに必須の映像講座です。

※本講座はベトナム語字幕対応が可能です。

プログラムの特徴

・短時間で英文eメールの書き方についてのポイントが学べる映像講座
・10~15分単位の講義なので、細切れ時間を利用した知識のインプットが可能
・ビジネスにすぐ活用できる、さまざまな状況で的確にニュアンスを伝えるフレーズの解説
・実際に書いて覚えるための演習課題付き(全8回)
・学習補助用に「スクリプト集」をご用意

講座の構成/学習の進め方について

本講座は、9つのチャプターで構成されています。第2チャプター以降は、ひとつのテーマに対して2つの場面設定を行い、それぞれの場面が各10分程度の講義映像になっています。さらに、各テーマごとに演習課題の出題と解法のヒント映像、および解答解説映像で構成されています。演習課題に対してはオプションで添削サービスも提供いたします。

『Chapter 6 “報告”』の構成と学習方法(全 9 Chapter)
1.Session 1 ミーティング 内容の報告 【解説講義10分】
2.Session 2 イベントの報告 【解説講義10分】
3.演習課題 海外出張の報告 【出題とヒント5分】
4.添削(オプション)※お問い合わせください。
5.解答解説【模範解答と解説7-10分】

講義の中で解説される問題例
Chapter9 Session1 商品やサービスへの苦情に対する謝罪

私どものサービスに関して、率直なご意見をありがとうございました。
私どものサービスが至らなかったために、カーター様には大変不愉快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございません。今後、このようなことが二度と起こらないよう、サービスを向上させることをお約束いたします。 この度はご迷惑をおかけしたことを、重ねてお詫びいたします。

プロシーズのeラーニングがもっとわかる!

さらに魅力的でオトクなプランをご紹介

  • 新入社員研修プラン
  • eラーニング定額プラン
  • ひとりひとりにあった営業研修 セルステ
  • eラーニングを使ったビジネスを始めたい事業者様専用LMS
  • 研修を内製化!自社のノウハウをeラーニングに!

お問い合わせ

[導入お申込み・ご相談窓口]受付時間 9:00~18:00(平日)
東京03-6400-0507
大阪06-6190-6276

検討中のお客様へ

サービスに関する料金やご利用方法のご相談など、専門のスタッフがご対応いたします。
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。

対象者・英文eメールライティングへの自信を高め、仕事の質を向上させたいビジネスパーソン
・TOEIC 450-700点の方
学習目標・英文eメールライティングの基礎力を高める
・ビジネスで通用するeメールが自分の言葉で自信を持って書けるようになる
・eメールを書くための時間を短縮する
・気の利いた表現のストックを増やす
・説得力のある「伝わる」eメールが書けるようになる
ダウンロード
テキスト
なし
動作環境お問い合わせください
レッスン数34レッスン標準学習時間お問い合わせください
配信期間お問い合わせください税込価格お問い合わせください

講師の略歴

大島さくら子
慶應義塾大学法学部(政治学専攻)、Temple University Japan 教養学部(アジア学専攻)、学習院女子短期大学家庭生活科(被服専攻)卒業、Oxford 大学留学。英検1級、TOEIC® 990点満点。株式会社サンリオ人事部勤務を経て、現在多くの企業、団体で英語講師を務める一方、ビジネス英語関連著書を多数出版。2009年発刊の『絶対に使える英文eメール作成術』(角川SSC新書)は、多くのビジネスパーソンに支持され、ビジネス英語分野でのベストセラーとなっている。

カリキュラム

講義内容講義時間(分)
Chapter1 英文Eメールの基本Session1知っておきたいEメールのマナーと全体構成13’49”
Session2Eメールの書き方の基本17’31”
Chapter2 アポイントメント〈依頼〉Session1アポイントメントを取る09’07”
Session2アポイントメントを変更する/取り消す11’59”
演習課題初めての相手にアポイントを申し込む01’25”
解答解説模範解答および解説04’21”
Chapter3 ミーティング〈通知〉Session1ミーティングの通知06’08”
Session2ミーティングの日程を調整する06’28”
演習課題ミーティングの通知メール01’26”
解答解説模範解答および解説04’40”
Chapter4 資料請求・問い合わせSession1資料、情報の請求09’51”
Session2商品、サービス内容の問い合わせ05’14”
課題設題資料とサンプルの請求01’13”
解答解説模範解答および解説04’07”
Chapter5 確認Session1スケジュール・日程の確認06’39”
Session2進捗状況の確認07’06”
課題設題プロジェクトのスケジュールと進捗確認00’57”
解答解説模範解答および解説04’25”
Chapter6 報告Session1ミーティング内容の報告09’27”
Session2イベント報告10’02”
課題設題海外出張の報告01’16”
解答解説模範解答および解説06’11”
Chapter7 催促・リマインダーSession1提出物の催促・リマインダー11’08”
Session2返事の催促・リマインダー10’06”
課題設題催促に返事がない相手にセカンドリマインダーを出す00’56”
解答解説模範解答および解説03’31”
Chapter8 お礼Session1会合参加のお礼08’55”
Session2接待や世話を受けたお礼08’20”
課題設題出張先でもてなしを受けたことに対するお礼00’55”
解答解説模範解答および解説04’28”
Chapter9 謝罪Session1商品やサービスへの苦情に対する謝罪09’07”
Session2会合などへの欠席の謝罪08’04”
課題設題自らの不手際に対する謝罪00’47”
解答解説模範解答および解説05’45”

お問い合わせ

[導入お申込み・ご相談窓口]受付時間 9:00~18:00(平日)
東京03-6400-0507
大阪06-6190-6276

検討中のお客様へ

サービスに関する料金やご利用方法のご相談など、専門のスタッフがご対応いたします。
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。

関連eラーニング講座

Search

eラーニング講座を探す

新着eラーニング講座

プロシーズのeラーニングがもっとわかる!

さらに魅力的でオトクなプランをご紹介

受講者ログイン

ログインID
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

2019年10月以前にお申し込みの方はこちら