5つのキーワードで学ぶコンプライアンス|eラーニング(イーラーニング)のプロシーズ

5つのキーワードで学ぶコンプライアンス

日本経済団体連合会(日本経団連)においても「企業行動憲章」を明示するなど、コンプライアンス(遵法主義)に対する重要性・必要性の認識が、ますます高まっています。
コンプライアンスとは、法知識を学ぶ難しいものではなく、ビジネスの世界において必要不可欠な知識・マインドとして身に付けるべきものとして取り組むことが重要です。
本コースでは、コンプライアンス経営の実践は「経営の意思決定の根幹をなすもの」であり「社員ひとりひとりの意識・行動によって実践されるもの」であることが、新入社員から取締役まで役職・立場に関わらず、5つのキーワードに基づいて学習できます。

プロシーズのeラーニングがもっとわかる!

さらに魅力的でオトクなプランをご紹介

  • 新入社員研修プラン
  • eラーニング定額プラン
  • ひとりひとりにあった営業研修 セルステ
  • eラーニングを使ったビジネスを始めたい事業者様専用LMS
  • 研修を内製化!自社のノウハウをeラーニングに!

お問い合わせ

[導入お申込み・ご相談窓口]受付時間 9:00~18:00(平日)
東京03-6400-0507
大阪06-6190-6276

検討中のお客様へ

サービスに関する料金やご利用方法のご相談など、専門のスタッフがご対応いたします。
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。

対象者全社員
学習目標全社員に必要不可欠な知識・マインドとしてコンプライアンスを意識づけ、コンプライアンス経営実践の素地をつくります。
ダウンロード
テキスト
あり
動作環境OS:
Windows 10(デスクトップモード)
MacOS X(10.13~)
※Windows 10(タブレットモード)は非対応です

ブラウザ:
Microsoft Internet Explorer 11.0(Windows)
Microsoft Edge(Windows 10)
Google Chrome(Windows)
Safari(MacOS X)
レッスン数8レッスン標準学習時間10時間
配信期間3ヶ月税込価格13,200円
特記事項サービスの提供は、リスクモンスター株式会社からとなります。 また、導入企業(団体)毎に別途、年会費12,000円が必要となります。

カリキュラム

項 目内 容
第1章 コンプライアンスとは●何故、今、コンプライアンス経営が求められるのか●コンプライアンスの領域●コンプライアンスを実践する5つのキーワード●練習問題
第2章 コーポレート・ガバナンス、リスクマネジメントとの関係●ガバナンスの中のコンプライアンス●ガバナンスとリスクマネジメント●意思決定の根幹をなすもの●練習問題
第3章 競争関係●競争に関する法●公正な競争の留意点●取引における留意点●知的財産に関する法●競争に関するベースとなる価値観・ポイント●練習問題
第4章 消費者関係●消費者に関する法●消費者関係の留意ポイント●消費者に対する責任ある行動がもたらすもの●消費者に関するベースとなる価値観・ポイント●練習問題
第5章 従業員関係●従業員に関する法●従業員に対するコンプライアンスの留意ポイント●従業員自身のコンプライアンスの留意ポイント●従業員に関するベースとなる価値観・ポイント●練習問題
第6章 環境・地域社会関係●環境法の背景~グローバルな環境問題●環境・地域社会に関する法●環境・地域社会に関する留意ポイント●環境・地域社会に関するベースとなる価値観・ポイント●練習問題
第7章 その他(政治・行政関係、投資家・株主関係、国際関係)●政治・行政に関すること●投資家・株主に関すること●国際に関すること●練習問題
第8章 社内コンプライアンス体制●コンプライアンス体制●組織的なコンプライアンス推進体制●コンプライアンス実践は3つの状態を視野に入れる●練習問題
修了試験

お問い合わせ

[導入お申込み・ご相談窓口]受付時間 9:00~18:00(平日)
東京03-6400-0507
大阪06-6190-6276

検討中のお客様へ

サービスに関する料金やご利用方法のご相談など、専門のスタッフがご対応いたします。
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。

関連eラーニング講座

Search

eラーニング講座を探す

新着eラーニング講座

プロシーズのeラーニングがもっとわかる!

さらに魅力的でオトクなプランをご紹介

受講者ログイン

ログインID
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

2019年10月以前にお申し込みの方はこちら