Excel2013上級講座|eラーニング(イーラーニング)のプロシーズ

Excel2013上級講座

Excelの実践力アップに最適!

基本的な操作を網羅したExcel2013講座の上級版です。
VLOOKUP関数等のより高度な関数や、ピボットテーブルやマクロといったExcelの上級スキルを丁寧に解説していきます。上級スキルを身に着けることで、より実践の場でExcelを活かせるようになります。

本講座はダウンロード資料が付いています。ファイルをダウンロードして講義に臨みましょう。講義内容と同じExcelファイルになっているため、手元でExcelを操作しながら受講いただくと学習効果がアップします。

  • 内定者向けプラン
プロシーズのeラーニングがもっとわかる!

さらに魅力的でオトクなプランをご紹介

  • 新入社員研修プラン
  • eラーニング定額プラン
  • 集中度LMS
  • eラーニングを使ったビジネスを始めたい事業者様専用LMS
  • 研修を内製化!自社のノウハウをeラーニングに!

お問い合わせ

[導入お申込み・ご相談窓口]受付時間 9:00~18:00(平日)
東京03-6400-0507
大阪06-6190-6276

検討中のお客様へ

サービスに関する料金やご利用方法のご相談など、専門のスタッフがご対応いたします。
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。

対象者・Excelの基礎知識だけでは物足りない方
・Excel上級の知識を身に着け実践に活かしたい方
学習目標Excel上級の知識を身に着け、様々な関数、ピボット、マクロといった機能を実践で扱える
ダウンロード
テキスト
あり
動作環境・Windows 7/8.1/10 IE11・Chrome(最新版)・FireFox(最新版) ・Mac10.10 Safari(最新版)・Chrome(最新版)・FireFox(最新版) ・iOS 11 モバイルSafari(11.0以降) ・android 7.0,8.0 Chrome(68.0以降)
レッスン数80レッスン標準学習時間約13時間
配信期間6か月税抜価格9,000円

カリキュラム

第1章高度な機能を使用した数式の作成
1-1VLOOKUP 関数を使用する
1-2HLOOKUP 関数を使用する
1-3LOOKUP 関数を使用する
1-4TRANSPOSE 関数を使用する
2-1NOW、TODAY 関数を使用する
2-2YEAR、DAY、MONTH 関数を使用する
2-3WEEKDAY 関数を使用する
2-4DATE 関数を使用する
2-5HOUR、MINUTE、SECOND 関数を使用する
2-6TIME 関数を使用する
2-7WORKDAY 関数を使用する
2-8NETWORKDAYS 関数を使用する
2-9DATEDIF 関数を使用する
第2章高度な機能を使用したグラフやテーブルの作成
1-12軸グラフを作成する
1-2ユーザー設定のグラフテンプレートを作成する
1-3グラフをアニメーションで表示する
1-4グラフに近似曲線を追加する
2-1新しいピボットテーブルを作成する
2-2レコードをグループ化する
2-3集計フィールドを使用する
2-4フィールドの選択項目とオプションを変更する
2-5データを書式設定する
2-6スライサーを作成する
第3章ユーザー設定の書式やレイアウトの適用
1-1条件付き書式ルールを管理する
1-2ユーザー設定の条件付き書式を設定する
1-3関数を使用してセルを書式設定する
1-4フィルターオプションの設定を使用する
2-1ブックの要素やオブジェクトのタブオーダーを変更する
2-2複数の言語に対応した表示形式でデータを表示する
2-3ユーザー補助機能が使用できるようなブックを作成する
2-4本文や見出しのフォントに対する複数のオプションを管理する
第4章ブックの管理と共有
1-1変更履歴を設定する
1-2すべての変更箇所を表示する
1-3すべての変更箇所を反映する
1-4コメントを管理する
1-5エラーを識別する
1-6トレース機能を使用してトラブルシューティングする
第5章高度な機能を使用した数式の作成
1-1関数をネストする
1-2ほかの関数と組み合わせて IF 関数を使用する
1-3AND、OR、NOT 関数を使用する
1-4SUMIFS 関数を使用する
1-5AVERAGEIFS 関数を使用する
1-6COUNTIFS 関数を使用する
1-7FV 関数を使用する
1-8PMT 関数を使用する
1-9NPER 関数を使用する
1-10数式を検証する
1-11ウォッチウィンドウを使用する
2-1シナリオの登録と管理を使用する( What-If 分析ツール)
2-2データテーブルを使用する( What-If 分析ツール)
2-3ゴールシークを使用する( What-If 分析ツール)
2-4反復計算を有効にする
2-5ソルバーを使用する( What-If 分析ツール)
2-6データを統合する
第6章ピボットグラフを作成・管理する
1-1新しいピボットグラフを作成する
1-2既存のピボットグラフのオプションを操作する
1-3ピボットグラフにスタイルを適用する
第7章ユーザー設定の書式やレイアウトの適用
1-1ユーザー定義の表示形式を作成する(数値、時刻、日付)
1-2ユーザー定義の会計書式を作成する
1-3連続データの詳細オプションを使用する
2-1セルのスタイルを作成する、変更する
2-2ユーザー設定のテンプレートを作成する、変更する
2-3既存のテンプレートを変更する
2-4テンプレートからテンプレートにスタイルをコピーする
2-5ユーザー設定のテーマを作成する
2-6フォームコントロールを作成する
2-7フォームコントロールの書式設定をする
第8章ブックの管理と共有
1-1外部データを取り込む、リンクする
1-2ブックのバージョンを管理する
1-3マクロを作成、実行、保存する
1-4ブックからブックにマクロをコピーする
1-5ブックを共有する
1-6複数のブックを結合する
2-1編集を制限する
2-2ワークシートの構成を保護する
2-3再計算を制御する
2-4ブックのプロパティや個人情報を削除する
2-5パスワードでブックを暗号化する
2-6最終版にする
2-7作業状態ファイル(*.xlw)を開く

お問い合わせ

[導入お申込み・ご相談窓口]受付時間 9:00~18:00(平日)
東京03-6400-0507
大阪06-6190-6276

検討中のお客様へ

サービスに関する料金やご利用方法のご相談など、専門のスタッフがご対応いたします。
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。

Search

eラーニング講座を探す

新着eラーニング講座

プロシーズのeラーニングがもっとわかる!

さらに魅力的でオトクなプランをご紹介

受講者ログイン

ログインID
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

2019年10月以前にお申し込みの方はこちら