eラーニングでテストを内製化

公開日: : 最終更新日:2016/05/28 eラーニング導入, 活用事例, 研修内製化

kami
先日、とあるシステム会社様よりお問合せがあり、行ってきました。
年に複数回、情報セキュリティ教育を行っているそうですが、それをeラーニングで行いたいというお話でした。

これまでは情報セキュリティの確認テストを紙ベースで行っていたそうで、数百人分のテスト用紙の配布、回収、答案データの入力、整理とかなりの時間を割いていらっしゃいました。

こういうお話は、本当に多いですね。数百人以上になると、セキュリティ教育において、WEBの教育ツールを活用する、というのは、定番になりつつあるような気がします。

弊社Learningwareご利用頂くと、大幅な業務時間の削減が可能になることをご紹介しました。
ざっくりとではありますが、削減できるポイントは以下です。

  • テストの準備…CSVファイルでテストを一括登録できます。
  • 実施情報…メールで一斉に案内ができます。
  • テスト実施後…ユーザーの答案データもシステムから一括ダウンロードできます。

お客様も「やっぱり便利ですよね、これがあれば本当に楽になります」と仰っていました。

加えて、情報セキュリティの確認テストだけではなく、他の用途でも利用できますので、業務システムの利用方法もeラーニングで教える事を考えていらっしゃいました。

これも良くあるお話なのですが、弊社Learningwareでは、連絡ツールとしての機能(アンケートなど)、コミュニティなどSNS的機能、ファイル共有機能など、『知の循環』をコンセプトにしたシステムになっているので、人事部の方が、導入時とは異なる目的でご利用になるケースもございます。

とはいえ、初めて、こういうツールを検討されている方の中には、使いこなしたり、作成するのは難しいんじゃないの、という方もいらっしゃるのですが、実際目の前で操作をお見せすると分かりやすいですねと仰っていただけます。

技術の進化で、eラーニングの活用方法も色々広がっておりますので、ご興味がある方は、お気軽にご相談ください!

eラーニングサービスサイトはこちら

お問い合わせ

お電話での問い合わせ
東京0364000507大阪0661906276
お気軽にどうぞ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


P-MOVIEリリース情報(2022年9月30日):バージョンアップ2件

いつも弊社サービスをご利用頂き、誠にありがとうございます。 この

LearningWareリリース情報(2022年9月28日):評価機能でユーザー評価推移グラフが表示できるようになります

いつも弊社サービスをご利用頂き、誠にありがとうございます。 このたび

LearningWareリリース情報(2022年9月28日):バージョンアップ5件、改善8件

いつも弊社サービスをご利用頂き、誠にありがとうございます。 このたび

no image
近年話題の「ISO30414」とは?11領域49項目の内容と最初にすべきこと

近年、マネジメント層や人事担当者を中心に、「ISO30414」が話題に

【LearningWareに関する重要なお知らせ】講座の登録・管理のCSV項目追加について

いつも弊社サービスをご利用頂き、誠にありがとうございます。 Lear

→もっと見る

お問い合わせ

PAGE TOP ↑