講座管理

  • TOP
  • 講座管理

講義、テスト、アンケート、レポート、
ディスカッションをまとめて登録

すでにご利用中のeラーニング教材も、ブラウザで表示できる形式であればLearningWare.bizに搭載することが可能です。受講者の単位を認定するタイミングは、「教材を開いたとき」「最後まで閲覧したとき」など、管理者の要望に応じて設定できます。

  • カリキュラムの順番通りの学習ができる(飛ばし見防止)
  • テストに合格した人だけが次に進める

などの設定も可能です。これらの機能により、着実な知識の習得を促すことができます。

  • 講座登録

    講義、テスト、アンケート、レポート、ディスカッションの5つのカリキュラムタイプで、講座を登録します。
    テストの出題条件設定(問題指定ランダム、出題順固定など)や、レポートの課題登録などが可能です。

  • 講義登録

    講義形式のレッスン登録は、Webブラウザで見られるファイルなら、なんでも登録可能です。
    HTMLファイル、PDFファイル、動画などを登録し、教材としてもご利用頂く事が出来ます。

  • テスト問題の出題形式も多種多様

    自動採点機能付きのテストを作成することができます。
    問題の出題は、カテゴリごと・レベルごとに指定順やランダム指定をすることができます。特定分野のレベルごとのテストを作成したい、カンニング防止のために出題順をランダムにしたいなど、さまざまな目的に合った問題出題を可能にします。
    問題種別も、単一選択、複数選択、記述式の登録ができ、解説文の設定も可能です。
    また、テスト問題はCSVファイルで一括登録が可能です。

  • 講義を受けたことを証明する修了証も発行可能

    受講修了時に表示される、修了証書のデータを登録・変更することが可能です。

お問い合わせ・
資料ダウンロード

5つのカリキュラムタイプについて

講義
(eラーニング教材)
登録したeラーニング教材が表示されます。
eラーニング教材は、html形式、動画などブラウザで表示できる形式であれば、登録可能です。
SCORM1.2に対応しているので、SCORMeラーニング教材もスムーズに登録できます。
テスト 問題の形式を択一式、複数選択式、記述式のいずれかに設定し、登録できます。
また出題形式は、
・ストックされた20問からランダムに10問を出題する
・問題にあらかじめカテゴリーを設定しておき、最初の10問はあるカテゴリーから、次の10問は別のカテゴリーから出題する
・問題ごとに難易度を設定しておき、すべての難易度からまんべんなく出題する
などの設定が可能です。
アンケート 択一式、複数選択式、記述式の3パターンから選択でき、複数の質問を組み合わせたアンケートがeラーニングシステム(LMS)上で実施できます。
受講者はスマートフォンから回答することもできるため、回収のスピードアップと回収率向上が期待できます。集められた回答はCSVファイルとしてダウンロードでき、集計・分析が自在です。
レポート 受講者が作成したパワーポイントやワードファイル等をレポートとしてeラーニングシステム(LMS)上で提出させることが可能です。添付ファイルだけでなく、単一選択、複数選択、記述による設問回答にも対応しています。
評価者は提出状況の確認に加え、内容の確認、0~100点までの採点、合否判定を行うことができます。

お問い合わせ・
資料ダウンロード