LMS(学習管理システム)とは何かを歴史を交えて特徴のご紹介

eラーニングTOP eラーニングトレンド LMSとは

用語解説

LMS(学習管理システム:Learning Management System)とは

LMSとはeラーニングとは」で書いたように、インターネットの発展や企業内のネットワークの広がりと共に、eラーニングは企業にとって身近な存在となりました。
今回ご説明するLMS(学習管理システム:Learning Management System)(以下、LMS)とは、インターネットを通じて、eラーニングを配信するプラットフォームのことを指します。

LMSの機能

主な機能としては、「受講者と教材の管理」と「学習進捗の管理」機能を持っており、「どの受講者にどの講座を割り当てるか」、「どの受講者がどれくらい講座を進めているか」といった学習管理を行うことができます。

昨今、学習を行うだけでなく、サイト上で、アンケートやディスカッションを行うなど、よりコミニュケーションを促すシステムを搭載している場合が多くあります。

また、LMSは「学習管理システム」を指しますが、類語として、「eラーニングシステム」、「教育管理システム」、「研修管理システム」があります。
これらはLMSとほぼ同様の機能を持っています。

LMSの活用シーン

LMSは主に、企業の研修システムのような、大人数の受講者の成果を把握しやすくするために用いられます。
LMSは学習者にとって、ポータルサイトとしての役割も持っており、学習者はLMSからログインして、学習や試験といった一連の操作を行うことになります。
また、補完的な機能として学習者相互間、インストラクター対学習者などのコミュニケーションをする電子掲示板なども学習管理システムが持つ1つの機能として設けられていることも多くあります。
最近ではライブ授業という形でインストラクターと対象者が同じ時間にログインをすることでコミュニケーションをその場で行うシステムを持つ場合もあります。
弊社のライブ授業についての説明はこちら

このシステムは、学習ポータルとしての使用だけでなく、社内のお知らせや提出物など連絡事項など社内ポータルとして使用されるケースもあります。
また、社員同士のコミュニティサイトとしての利用も増えており、日々の業務の中での「つぶやき」や、社内の改善事項などを話しあうコミュニティを作ることにより、日常業務の中で、会話が生まれることを促進することで学びが生まれています。
こういった社員同士のやり取りの中で生まれる学びを「インフォーマルラーニング」といいます。

LMS誕生の背景

従来のeラーニングの欠点

インターネットが普及する以前のeラーニングでは、CDやDVD等によって、パソコン学習が行われていました。
教材の配布者はCDやDVD等の教材を受講者に滞りなく届けさえすれば、各受講者はその教材を使って学習を開始できるという仕組みです。
しかし、この従来の方法では受講者のモチベーションの維持が難しく、配布側は受講者の管理を全くできないことがデメリットになっていました。
受講生が受講を完了したのかどうか、どれだけの知識レベルにいるか、どのコースが受講者にとって必要か、などの情報を配布側が管理できないという状態ですので、改善も効果検証も行えなかったのです。

そこで登場したのが、eラーニングの学習管理システム、LMSです。

LMSを利用することで可能になったこと

eラーニングの学習管理システムであるLMSは、配布側・インストラクターによる学習教材の保管・蓄積、受講者への学習教材の適切な配信、受講者の学習履歴や小テスト・ドリル・試験問題の成績などを統合的に管理するものです。

LMSを導入することで受講者の学習の進捗度が把握でき、テストでどれくらいの得点を取っているのかを知ることができます。 また、どの分野が苦手で、得意なのかといった個人指導の指針となるデータを取得し、管理することも可能になりました。

このほかに、LMS上でディスカッションを行うことで、より気づきを得ることができるように、受講者同士のコミュニケーションを行うことができるLMSも増えてきました。

LMSサービスベンダーの登場

インターネットが普及してからも、配布側・インストラクターが受講者の学習の進捗度合いを知るのに、インターネットの技術的な知識やサーバーに関する知識が必要で、多大なコストと時間が必要でした。

しかし、インターネットが普及するにつれ、LMSのニーズが強まり、商品として開発されたASP型のLMSが登場しました。
この登場により、教材の配布側がインターネットの技術的な知識やサーバーに関する知識がなくともLMSを利用することができ、さらにコストも抑えることができました。その結果、eラーニング導入の機会が増え、eラーニングがより身近なものになるきっかけとなったのです。

その他eラーニング情報

eラーニングトレンド

ページのTOPへもどる