連絡管理|学習管理システム(LMS)からオリジナル教材制作まで

LMSシステムの機能
eラーニングTOP LMS(学習管理システム) システムの機能 連絡管理

LMS(学習管理システム)の機能

連絡管理

ID/Passwordの一斉通知から、未読・既読の確認、自動メール配信まで、行き届いた連絡機能が、運用を助けます

研修を実施する中で、管理者がユーザーへ連絡するシーンは数多くあります。
Learning Wareは、未読・既読の確認、未読者への自動通知メール、アンケートの自動集計、受講促進の自動配信メールなど、数多くの運用シーンを 想定した連絡機能が実装されています。

これは、長年にわたり、数多くの運用者の声を反映してきたからこそ実現できた機能で、使えば使うほど、その便利さを実感頂けます。

特長的な機能

お知らせ機能

お知らせ機能
(※クリックすると拡大されます↑)

管理者から、ユーザーへメッセージを一括送信できます。
ユーザの既読・未読、返信済み・未返信などの状況把握できますので、一方的な案内にならず連絡を徹底することができます。 お知らせにはファイル(4MB以内)を5つまで添付することができます。

アンケート機能

アンケート機能
(※クリックすると拡大されます↑)

質問形式は択一式、複数選択式、記述式の3パターンがあり、複数の質問を組み合わせたアンケートを作成できます。
アンケートは携帯サイトからも回答できますので、回答収集は手早く行えます。
アンケート結果は、CSVファイルでダウンロードできるだけでなく、自動的にグラフ集計されます。

自動メンタリングメール配信

自動メンタリングメール配信機能
(※クリックすると拡大されます↑)

管理画面で設定した条件で受講者を自動的に抽出して、ついつい学習が滞ってしまう受講者にメンタリング(応援)メールを自動送信して励ますことができます。

メールテンプレート

メールテンプレート
(※クリックすると拡大されます↑)

メールのテンプレートを複数登録ができますので、毎度同じようなメールを書かずに済みます。
また、メール作成時に自動的に挿入される署名を設定することもできます。

サービスに関する料金やご利用方法のご相談など、専門のスタッフがご対応させていただきます。
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。

LMS(学習管理システム)

ページのTOPへもどる