スタッフサービス様| 活用事例・導入実績|eラーニング(イーラーニング)のプロシーズ

活用事例・導入実績
eラーニングTOP 活用事例・導入実績 事例一覧 スタッフサービス様

活用事例・導入実績

スタッフサービス様

オリジナル教材提供

課題と施策

ss_01

(株)スタッフサービス様は登録スタッフ数 約107万人(2014年3月現在)を抱え、人材総合サービスを行っていらっしゃいます。また、人材による企業への貢献だけでなく、ひとりひとりのスタッフに対しても、より幸せに働いてもらえるように仕事を届けることを大切にされています。

人材育成を主に集合研修型スクールとして行っていらっしゃいましたが、この度、eラーニングによる研修をより強化するにあたり、弊社のeラーニングをご導入いただきました。

今回のご導入に関する感想をスタッフサービスの神谷様に伺いました。

学習管理システム(LMS) 教材作成 オリジナル教材提供
ご利用 ご利用無 ご利用
働きたいスタッフと人材を求める企業をつなげるための学習

プロシーズ側(以下P) ── 今回のご依頼にいたる背景をお聞かせください。

スタッフサービス様 スタッフサービス様(以下S) 弊社は「チャンスを。」という経営理念を掲げています。これは、働きたいという思いを持つ方と、人材を求めている企業とをつなげることが、弊社の役割だという考えの表れでもあります。
その一環で、弊社に登録いただいている方々へテクニカルスキル、ヒューマンスキルを身につけて就業の機会を提供するキャリア形成支援が重要な取り組みの一つになっています。

以前より集合研修型スクールの開校を行っておりましたが、近年受講者数が少なくなってきているという実態がありました。
わざわざスクールに足を運んで学ぶよりも、自宅で空いてる時間に学ぶことが世の中に求められているということを感じ、より一層eラーニングを受講していただける環境をスタッフさんに提供していかなければいけないと考え、御社も含めて数社にお声掛けさせていただきました。

誠意を感じてもらえるeラーニングを提供したい。

P ── プロシーズに決めていただいた理由は?

S コスト面と教材の良さの両面がマッチしたからです。
コスト面はもちろんなのですが、教材は私たちからスタッフさんに提供するものでもありますので、教材自体もしっかりしていて、誠意を感じてもらえるものをお渡ししなければならないという意識がありました。
その両面を踏まえて検討した結果、御社に決めました。

P ── 導入いただくことで変わったことはありますか?

スタッフサービス様 S 受講者数が増えましたね。
そもそも集合研修型のスクールは全国5カ所で主に実施していたため、その他のエリアのスタッフさんに対しての教育は手薄な状況でした。
御社のeラーニング導入後は、パソコンを持ってさえいれば地域にかかわらず、多くのスタッフさんに受講していただけるようになりました。ここが一番大きな変化ではないでしょうか。

P ── プロシーズのeラーニングを受講したスタッフさんから何か反響はありましたか?

S 使い勝手がいいと聞いています。以前、集合研修型のスクールを受けてくださっているスタッフさんにインタビューする機会があったのですが、その中にeラーニングも利用されている方がいらっしゃったので、直接お話を伺ってみました。すると「すごく使いやすくて、ずっと使っているんです」と言っていただきまして、私たちも安心しましたね。

時代のニーズに合わせて、学習機会を増やしていきたい。

P ── 最後に、プロシーズに期待するところは?

スタッフサービス様 S 2つありまして、ひとつはスマートフォンやタブレットユーザーにどうアプローチしていくかという点ですね。
現状Excel2010、Word2010、そしてタイピング教材の3つの教材を提供していますが、パソコンを持っているスタッフさんでないとそれらの講座を受講できないという制限があります。
また、そもそもスタッフさんの世代が、パソコンを持っていても、仕事が終わった後に家で勉強しない世代になりつつあると感じています。電車移動中や「ながら勉強」にシフトしている人に対しても、受講できる環境がほしいというのが期待していることですね。

もうひとつは今後、ビジネスマナーの分野も提案してほしいという点です。
実は近年、ビジネスマナー学習を意欲的に行う方が減っており、社会人として、また組織人としての重要な意識が薄れていると感じています。
事務職経験のないスタッフさんの中にも、報告や連絡といった、一連の会社の動きやビジネスマナーが分かっていない、そもそも「分からない」ことに気づいていない方が増えていることも感じています。
弊社としては、そういった本人が大切だと気づかない部分こそ、会社として教育を行うことが大事だと考えています。

P ── ありがとうございました。ぜひビジネスマナー講座のご提案等も行わせていただきます。
また、近日リリースするOffice講座はスマートフォンやタブレットでも見ることができるようにマルチデバイス対応をした教材になっています。こちらもまたご紹介させていただきます。
今後とも宜しくお願い致します。

サービスに関する料金やご利用方法のご相談など、専門のスタッフがご対応させていただきます。
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。

活用事例・導入実績